化粧用及び医薬用組成物及び緑色発光物質を用いた方法

Abstract

本発明は、化粧用及び医薬用組成物、及び緑色発光物質の使用方法に関する。処理した皮膚細胞対未処理の対照における酸素ラジカル濃度に対して観察された緑色光の効果に基づき、緑色発光物質を抗酸化剤として使用して、酸素フリーラジカルによって引き起こされる障害に対して皮膚細胞を保護し、並びにUV照射の障害作用に対して皮膚を保護することができる。緑色発光物質の例としては、顔料または鉱物等の緑色燐光または蛍光物質が挙げられる。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002513436-AMay 08, 2002ペンゾイル−クエイカー ステート カンパニー懸濁および分散剤としての炭化水素ゲルおよび製品
      JP-H05117127-AMay 14, 1993Kazuhisa Ono, Shiseido Co Ltd, 和久 大野, 株式会社資生堂蛍光化粧料
      JP-H0913029-AJanuary 14, 1997Toshiba Corp, 株式会社東芝硫化亜鉛蛍光体
      JP-H10330239-ADecember 15, 1998Kose Corp, 株式会社コーセーAroma composition
      WO-0056274-A1September 28, 2000Pyramid Productions, Inc.Body coating composition
      WO-9932540-A1July 01, 1999L'orealPolymeres hyperbranches ou dendrimeres ayant un groupement particulier, procede de preparation, utilisation et compositions les comprenant

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2006316065-ANovember 24, 2006L'oreal Sa, ロレアル化粧料組成物